肌の老化を防ぐ食べ物 肌老化の原因と改善方法

肌の老化を防ぐ食べ物

肌老化の原因を知っていれば、肌の老化を防ぐ対策をすることが可能です。

肌老化は改善することができます!

早めの対策で肌の老化を防ぎましょう!

まずは、肌の老化を引き起こすの原因を知って、美肌作りの対策に役立てましょう。

肌の老化の原因

肌老化の主な原因

 

・ 水分不足
・ 酸化
・ 糖化
・ 紫外線

 

 

1) 肌の水分不足を防ぐ方法

 

赤ちゃんの肌

赤ちゃんの肌には水分がたっぷり!

肌に潤いがあるため、ハリのあるすべすべでプリプリのお肌なのです。

 

 

残念なことに、お肌の曲がり角は20代前半。

20代前半という若さで、もうお肌の潤いは失われ始めるのです。

 

 

20代前半から皮脂の分泌量が減少し始め、年齢を追うごとに乾燥していきます。

 

肌ケア

 

20代を過ぎたら毎日の肌ケアは必須!

たっぷりの化粧水で肌に潤いを与え、美容液で潤いを閉じ込めましょう。

 

 

 

 

2)肌の酸化を防ぐ方法

 

肌の酸化とは、分かりやすく例えて説明すると、剥いたバナナや切ったリンゴなどのフルーツが、空気に触れて茶色くなる「メラミンが増える」現象です。

 

肌の酸化の原因となるのは、紫外線、食品に含まれる添加物、ストレスなどです。

 

肌の酸化を防ぐには、抗酸化作用の含まれている食材を食べるのが効果的。

 

抗酸化ビタミン

 

抗酸化作用のある抗酸化ビタミンを多く含む食べ物は、トマトや緑黄色野菜です。

 

 

 

 

3)肌の糖化を防ぐ方法

 

糖化とは聞きなれない言葉ですが、分かりやすく例えで説明すると、炊いたばかりのときは白いご飯を、長時間炊飯ジャーに保温しておくと、だんだん黄色く黄ばんでいく現象です。

 

糖化が起こす原因は、血中に残った糖分です。

 

血中の糖分がコラーゲンなど肌に必要な成分を硬化させて働きを阻害してしまうので、シワ、シミ、たるみといった肌の老化を促進させてしまうのです。

 

 

スイーツ禁止

糖化は、糖分摂取量を控えるこで防ぐことができます。

 

 

 

4)肌を紫外線のダメージから守る方法

 

紫外線に数分あたるだけでも、肌へのダメージがあるというほど紫外線が肌に与える悪影響は大きいので注意が必要です。

 

紫外線は酵素を増やしコラーゲンを破壊、シミ、シワ、たるみの原因を引き起こします。

 

紫外線が引き起こす肌トラブル

 

浴びた紫外線が蓄積されると、皮膚の免疫力を下げ、いろいろな肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

 

 

加齢よりも肌に悪影響を及ぼすのは紫外線です!

UVカットの帽子や羽織もの、日焼け帽子クリームなどを使用し、十分なUV対策を心がけることが大切です。

 

 

 

若く見えるか老けて見えるかは肌のキメが重要だった!

肌のキメを細かくする方法 肌のキメを戻す洗顔方法

 

 

肌の老化を防ぐ食べ物リスト

こんにゃく

 

こんやく美肌レシピ

 

こんにゃくにはセラミドが大量に含まれています。

 

セラミドは、肌のバリア効果で肌トラブルを防ぎます。
さらに、セラミドは肌の保水力を高める効果があり、肌にハリと弾力を与えてくれる成分です。

 

セラミドを多く含むこんにゃくは、市販の板状のこんにゃくではなく、こんにゃく芋から作ったこんにゃくに多く含まれています。

市販の板状のこんにゃくは、作る工程でこんにゃくを粉にするため、その段階でほとんどのセラミドが失われてしまうのです。

 

美肌効果のあるこんにゃくは生芋から作られたこんにゃくです。
こんにゃくを購入するさいには、成分を確認し、生芋と記載されているこんにゃくを選ぶことが大切です。

 

 

 

 

美肌鮭レシピ弁当

 

鮭には、肌にハリを与え潤いを閉じ込めるコラーゲンが多く含まれております。

 

魚に含まれるコラーゲンはマリンコラーゲンと呼ばれ、豚や牛からとれるコラーゲンよりも分子が小さく、体内に吸収されやすい成分です。

 

コラーゲンは、鮭の身の部分よりも皮の部分に多く含まれているため、皮を残さず食べることが、鮭のコラーゲンを残らず摂取する方法です。

 

 

 

豆乳

 

美容ドリンク豆乳

 

豆乳は、女性ホルモンと似た作用があると食べ物として有名です。

 

女性ホルモンには、肌の弾力の源となり、コラーゲンを生成し、抗酸化作用もあります。

 

豆乳を摂取することにより、これらの体自体が作り出すアンチエイジング効果が期待できるのです。

 

豆乳はそのまま飲むのが一番です。

 

豆乳が苦手という方も、美肌のために豆乳を取るように心がけましょう。

グラタン、シチュー、フレンチトーストなど牛乳を使って作るお料理に、牛乳の代わりに豆乳を使用して作るなどの工夫で、豆乳を摂取することができます。

 

 

 

トマト

 

トマト美肌効果

 

トマトに多く含まれるリコピンは、βカロテンよりも強い抗酸化作用を持っております。

 

リコピンには活性酸素を除去する効果があり、肌の酸化防止に役立ちます。

 

トマトのリコピンは細胞壁におおわれているため、生のまま食べても効率よく摂取しにくい特徴があります。

 

 

トマトに含まれるリコピンを効率よく摂取するには、加熱調理をしてトマトを食べるのがおすすめです。

 

トマトジュースの濃縮還元タイプには、濃縮時にリコピンの大半が壊れてしまうので、トマトジュースからリコピンを摂取したい場合は、ストレートタイプのトマトジュースを選ぶようにしましょう。

 

 

 

アーモンド

 

美肌効果のあるナッツ

 

ナッツ類にはミネラルやビタミンが多く含まれていますが、アーモンドには特に若返りのビタミンと呼ばれる、ビタミン類で最高の抗酸化作用を持ったビタミンEが豊富に含まれています。

 

アーモンド以外にもビタミンEが多く含まれている食材は存在しますが、アーモンドがその他の栄養成分、体にいい成分がバランスよく含まれているのでおすすめです。

 

ビタミンEは乳製品と一緒に摂取すると吸収が良くなります。
アイスクリームやヨーグルトといった乳製品のにトッピングにして、おいしく効率よくビタミンを取り入れましょう。

 

 

 

緑茶

 

美肌美容ドリンク緑茶

 

日本のお茶、緑茶には抗菌作用があることで有名ですが、肌が糖化する初期段階でストップさせる効果が期待されていることから、肌を糖化から守ることが出来る食材として注目されています。

 

お茶の中でもカテキンの保有量が多い緑茶がおすすめです。

 

普段飲むコーヒーや紅茶を、日に1回は緑茶に置き換えるようにして、緑茶のすぐれた成分を摂取するようにしましょう。

 

 

 

ベリー類

 

アサイー生フレッシュ効果

 

ブルーベリー、アサイー、カシスなどのベリー系のフルーツに豊富にに含まれるアントシアニンに、糖化を抑える効果があります。

 

その中でもビルベリーには通常のブルーベリーの3.5倍、アサイーにはブルーベリーの5倍のアントシアニンが含まれているためおすすめです。

 

フレッシュなアサイーはなかなか手に入りにくい食材ですが、ジュースやサプリメントとして販売されているものを活用すると手軽に摂取できます。

アサイードリンク美肌効果

 美肌効果抜群のアサイージュース

 

アサイージュースで老化を防止、本気で美肌を手に入れましょう!