海外セレブのココナッツオイルの食べ方と分量

米人気モデル・ミランダ・カーのココナッツオイル好きは日本でも有名ですが、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピット夫妻や女優のジェニファー・アニストンなど、その他多くの海外セレブたちも、健康のためにココナッツオイルを食べています。

美しい美貌を保つ海外セレブたちは、ココナッツオイルの食べ方や食べる量を、それぞれの概念をもって美容と健康を意識した方法で工夫しながら、日常的に意識して食べているようです。

Angelina Jolie(アンジェリーナ・ジョリー)

 

アンジェリーナ・ジョリーさんの一日の始まりは、スプーン1杯のココナッツオイルから始まります。朝一のココナッツオイルがスリムな体型を維持するだ!というの話題は多くの海外サイトで取り上げられています。

 

朝食にバージンココナッツオイルを食べることを日課にしているそうで、ベジタリアンである旦那さんブラッド・ピットさんも一緒に食べるのだそうです。

 

食べ方は、まずスプーン1杯強の分量のココナッツオイルをそのまま食べる。そして食べ方のポイントは、朝食の最初に食べること。そしてシリアルを食べるそうです。

 

 

Jennifer Aniston(ジェニファー・アニストン)

 

人気ドラマ「フレンズ」で人気を集めたジェニファー・アニストンさんは、ご存知ブラッド・ピットの前妻でもあり、笑顔が素敵な人気女優さんです。

 

そんなジェニファーさんも、一定期間ココナッツオイルダイエットを実践していた程のココナッツオイル愛好家として知られています。

 

彼女が行っていたダイエットは、ココナッツオイルをたくさん食べることでメタボリズムの早さを加速させて、減量スピードを上げるというものです。

 

ただ食べ過ぎはカロリーの取り過ぎに加えて、コレステロールを上げる結果につながるので注意が必要です。

 

ジェニファーさんのココナッツオイルの食べ方として紹介されている1つは、メキシカン料理のナチョスを作る際に、トルティーヤチップスをココナッツオイルで揚げるというもの。間違えて床に落としてしまっても、食べてしまうほどの美味しさだそうです。

 

 

 

 

Miranda Kerr(ミランダ・カー)

 

スーパーモデルのミランダ・カーさんがココナッツオイル愛好家であることは有名なのは、彼女が14歳のころからココナッツオイルを食べていて、1日大さじ4杯を摂取していると、オーストラリアのコスモポリタンマガジンでポストされたことが始まりです。

 

現在では、アメリカでも日本でも世界中のサイトで取り上げられている話題ですが、実は彼女が食べているココナッツオイルの量はこんなに多くないという説もあるのです。

 

Herald Sun誌では、大さじ4杯のココナッツオイルを摂取しているとインタービューされた事実はなく、間違えでコメントがポストされたと語られています。こちらの情報では、ミランダ・カーさんがココナッツオイル好きなのは事実で、実際には健康のために小さじ4杯を召し上がるとポストされました。こちらでは、大さじ4杯ではない!と強調されています。

 

そして食べ方としてあげられている中で一番有名なのは、グリーンティーに入れて召し上がるという方法です。サラダにかける、クッキングに使用するという使い方で毎日ココナッツオイルを食べているのは事実だそうです。

 

 

 

 

Carrie Underwood(キャリー・アンダーウッド)

 

米大人気番組「アメリカンアイドル」から勝ち上がったキャリーさんは、実力派カントリーシンガーとして2004年以来人気を保ち続けています。

 

キャリーさんはベジタリアンなので、お肉からではないリッチなオイルとしてココナッツオイルを愛用。スキンケア、ヘアケアとしても手軽に使っているそうです。

 

海外セレブのココナッツオイルスキンケア方法

 

 

キャリーさんのココナッツオイルの食べ方は、バターの代わりとして、サラダと一緒に、クッキングオイルとしてなど、体の内側と外側でココナッツオイルを愛用しているそうです。

 

ベジタリアンダイエットをする際には、リッチなテイストと甘いココナッツの香りで調理する野菜がとても美味しくなると語っています。