肌のキメを細かくする方法 肌のキメを戻す洗顔方法

肌のキメの細かさは遺伝する?生まれつき?でも大丈夫!

正しいメイク落としと洗顔、そして保湿ケアで肌のキメは戻ります!

ここでは、エステに行かなくても簡単に家でできる肌のキメを整えるスキンケア方法をまとめてみました。

肌のキメ戻し方

 

若く見える人と老けて見える人。違いは肌のキメです!

 

キメの乱れはしわやたるみの原因となり、肌のハリを失います。

アンチエイジング、若返りを目指すなら、肌のキメのケアは必須となってきます。

肌のキメについて知っておこう!

 

肌のキメが乱れる原因となることは?

 

肌のキメが乱れる原因は様々ですが、その中で多いのは肌の乾燥、紫外線の影響、加齢、ターンオーバーの乱れ、肌への刺激、ストレス、生活習慣の乱れ、暴飲暴食です。

 

肌のキメで悩む方の大半は、この中の2つ以上の原因があてはまっています。

逆に言うと、これらの原因を作らないように心がけるだけで、肌のキメが乱れるのを防げるということになります。

 

肌の乾燥を防ぐ保湿、紫外線から肌を守る紫外線対策、加齢を補うスキンケア、ストレスの軽減、正しい生活習慣、バランスの良い食生活、肌への刺激を最小限に抑える、といった毎日の意識だけでも代謝は上がり、健康な肌へのターンオーバーが促進されます。

 

 

 

肌のキメの細かさは遺伝?

 

肌のキメは皮脂腺の大きさや肌の生まれ持った保水力も影響するので、皮脂腺が大きい人は肌のキメ自体整っていても、凹凸がある肌に見えてしまいます。

肌が乾燥しやすい人は保水力がある人に比べてターンオーバーが乱れやすく、肌が荒れやすいという要因があるので、遺伝が関係無いとは言い切れません。

 

ですが、秋田美人という言葉があるように、日本で日照時間の短い場所に住んでいれば、紫外線の影響を受けにくいため肌のキメは細かく保たれるという現状もあるので、生まれてから住んでいる環境というのも、肌の状態をよく保てるかどうかに大きく左右するのです。

 

 生活環境は自分で変えられるもの!

 

たとえ乾燥肌を遺伝していたとしても、今後の環境作りで美肌は作れるのです。

 

 

 

 毛穴とキメの関係性

 

毛穴の汚れが原因で毛穴が開いてしまえば、肌のキメは乱れます。逆に肌のキメが整うと毛穴も目立たなくなります

 

キメの整った肌作りを目指しましょう!

 

キメが細かく整った肌には水分が多いので、皮膚自体にハリと弾力があります。ところが肌の水分が少なくなるとハリと弾力が失われ、毛穴が目立つようになります。

こうなると、皮膚が水分不足から肌を守ろうと皮脂を余分に分泌してしまうため、毛穴がつまりさらに毛穴を広げてしまうのです。

 

これを繰り返しているうちに毛穴が開きっぱなしの状態になってしまい、肌のキメは乱れてしまいます。

 

普段の洗顔やメイク落としは、肌のキメを細かく保つのに重要な役割をしているのです!

肌のキメの整え方

 

肌のキメを綺麗に保つメイクの落とし方

 

メイク落としはしっかり丁寧に!というのは基本ですが、メイクの落とし方には注意が必要です。

 

 

1) メイクがクレンジングできちんと落としきれていないために、毛穴に汚れが詰まっている。
2) メイクを落とすために、肌を強くこすって落とす。
3) オイルクレンジングで長時間マッサージする。

 

これらのクレンジング方法は、肌のキメを乱す原因となるのでNGです!

 

 

クレンジングにかける時間は1分で十分です!

 

使用するクレンジングの種類は、下地などを含めウォータープルーフの商品を多く使っている時なら落としやすいオイルタイプ、軽くファンデーション程度ならミルクタイプといった具合に、メイクに合わせて肌に負担がかからないクレンジングを選びましょう。

 

オイルタイプはしっかりメイクを落とす分、肌への負担も大きいです。

 

どのメイク落としも、短時間で綺麗に落とすことを意識してください。そして、落とす時はごしごしこすらないように!優しくマッサージする要領です。

 

メイク落とし後は、適切な洗顔方法でスッキリ綺麗に、それでいて肌をいたわる洗顔をします。

 

 

肌のキメを綺麗に保つ洗顔方法

 

ポイントは、ふわふわモコモコのたくさんの泡で!

手ではなく、泡で汚れを落とすように洗います。

 

洗顔にかける時間は30秒です!

 

 

長時間の洗顔は、肌に必要な水分や油分まで洗い落とされてしまうので、乾燥や肌ダメージの原因となりますのでNGです!

 

顔と手の間にたっぷりの泡を挟んで、手が顔に触れないくらい泡だけを顔に滑らせて、汚れを落とすイメージで洗顔しましょう。

 

 

肌のキメを整える洗顔後のケア

 

エタノール入りの化粧水はすぐに蒸発してしまうためNGです!成分を見てエタノールの入っていない化粧水を選びましょう。

 

肌を保湿させる化粧水の付け方は少量ずつ数回行う!です。

 

1)手のひらに化粧水を取り、やさしく肌に抑え込むイメージで化粧水をつけます。

2)化粧水が浸透したら、また少量を手に取り同じ要領で顔につけ、化粧水を肌奥深くに浸透させていきます。

太陽の化粧水を一気に肌にのせるのではなく、少量ずつ数回に分けて水分補給をし、肌の奥深くまで浸透させましょう。

3)その後、美容液や乳液で水分を閉じ込めます。

 

クレンジング、洗顔、化粧水という毎日行うシンプルなスキンケアでも、やり方を気をつけるだけでキメを整えることができます。

 

高価な化粧品を使って毎日特別なケアをしなくても、肌のキメが乱れる原因をしないようにして、適切なスキンケア方法を行えば、きちんとお肌はターンオーバーされキメが整った綺麗な美肌を手に入れることができます。

 

美のカリスマのスキンケア方法を真似よう!

海外セレブのココナッツオイルを使ったスキンケア方法まとめ